So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

森田童子アンソロジー(森田童子の動画BANK) [森田童子]

 現在、視聴可能な森田童子の歌声を集めました。

・にこにこ動画  さよならぼくの友達(LIVE映像)(N) まぶしい夏(N)  ぼくたちの失敗(N)
       (※ニコニコ動画の視聴には会員登録が必要です)

・Youtube
君は変わっちゃったネ(Y) センチメンタル通り(Y) 雨のクロール(Y) みんな夢でありました(Y) さよならぼくの友達(Y) 球根栽培の唄(Y) 哀悼夜曲(Y)
たとえばぼくが死んだら(Y)
  2001年のテレビドラマ「青と白で水色」のテーマとして使われた時の映像
     出演:宮崎あおい、小西真奈美、小栗旬、蒼井優

●森田童子オリジナルSONG(:試聴)

・good Byeグットバイ(1975)  早春にて、 君は変わっちゃったネ、 まぶしい夏 、雨のクロール、 地平線、センチメンタル通り、淋しい雲、たんごの節句 、驟雨(にわかあめ)、 さよならぼくのともだち

・マザースカイ=きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか=(1976)  ぼくたちの失敗、ぼくと観光バスに乗ってみませんか、伝書鳩、逆光線、ピラビタール、海を見たいと思った、男のくせに泣いてくれた、ニューヨークからの手紙、春爛漫、今日は奇蹟の朝です

・ア・ボーイ(1977)
 蒼き夜は、きみと淋しい風になる、ふるえてるネ、ぼくをみかけませんでしたか、セルロイドの少女、淋しい素描、ぼくが君の思いでになってあげよう、G線上にひとり、終曲の為に第3番「友への手紙」

・東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤(1978)
 地平線、逆光線、君は変わっちゃったネ、雨のクロール、ぼくと観光バスに乗ってみませんか、友よ泣かないのか、海を見たいと思った、センチメンタル通り、さよならぼくのともだち、風さわぐ原地の中に

・ラスト・ワルツ(1980)
 赤いダウンパーカーぼくのともだち、菜の花あかり、海が死んでもいいョって鳴いている、グリーン大佐答えて下さい、みんな夢でありました、きれいに咲いた、たとえばぼくが死んだら、ラスト・ワルツ

・夜想曲(1982)
 蒸留反応、淋しい猫、ぼくは16角形、麗子像、サナトリウム、船がくるぞ、孤立無援の唄、哀悼夜曲、ラスト・ワルツ

・狼少年wolf boy(1983)
 愛情練習(ロシアン・ルーレット)、ぼくを見つけてくれないかなァ、ぼくは流星になる、151680時間の夢、球根栽培の唄(ときわ荘にて録音)、ぼくのせいですか、憂鬱デス、狼少年・ウルフボーイ

・ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション(2003)
 ひとり遊び(ラスト・ワルツに収録されている「海が死んでもいいョって鳴いている」のリメイク、TOWER.JPのサイトで試聴することができます。)
「2003年、「高校教師」の新作が放送され、再び「ぼくたちの失敗」が主題歌として使われることとなる。これに伴い発売されたベスト盤の「ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション」に、実に20年ぶりとなる新曲「ひとり遊び」が収録される。ほとんど喧伝されなかったので、気がついたファンはごく一部であったが、気付いた古くからのファンは騒然となった。ただ残念ながら、この新曲はちょっとした気まぐれであったようで、以降も活動を再開することなく、沈黙を守ったまま、現在に至る。」(Wikipediaより)

●森田童子の事

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  森田童子研究所(ファンサイト)

続きを読む


矢野真紀「言葉にできない」 [矢野真紀]

 矢野真紀さんが、小田和正の「言葉にできない」を歌っています。

2004年3月11日、大江千里の番組「Live Depot」に出演したときの映像です。

みごとに、自身の歌にしています。表情がいいですね。

 

 

[Live Depotオフィシャルサイト] vol.148 "矢野真紀"2004.3.11


中村 中「NHK歌謡コンサート」 [中村 中]

只今、NHKの歌謡コンサートに中村 中さん が出演中です。
なにげなくチャンネルを換えてビックリです。
「歌コン最前線」というコーナーだそうです。
まだ、これからです。


 紅白への出演は?
  母に親孝行ができたことが嬉しかった。
母が、台所で研ナオコの「泣かせて」を歌っていたので、ずっと聴いていた。

  歌ったのは、「友達の詩」。
 やっぱり、ピアノの前で歌う姿のほうがいいですね。

・・・・・ますます、味わい深くなっているように感じました。。。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。